パワースポットナビ トップ > エジプト > エジプト1~エジプトとわたし(2018年5月)

エジプト1~エジプトとわたし(2018年5月)

更新日:2018/6/11

エジプトとわたし

今回は、ゴールデンウィーク、7回目のエジプトです。
今から約20年前、私は初めてエジプトを訪れました。

私が最初にエジプトに行きたくなった理由は、占星術のパピルスを購入したかったから。
デンデラ神殿にあるその天空図は、古代エジプトの神殿に最初に書かれた天空図と言われています。
今そこにあるのはレプリカですが、本物はナポレオンによって持ち去られ、フランスへと渡り、ルーブル美術館に展示されています。

その天空図を見たいという想いから、訪れたのが理由の一つ。

また、20代後半の頃、友人たちとスピリチュアルのワークショップをやっていた時期があるのですが、そのころは精神世界のことが流行っていて、私たちもチャネリングをしていました。
ダリル・アンカというアメリカ人男性が、チャネリングによって地球外生命体『バシャール』と交信出来るようになったとして、話題になっていたころです。ご存知でしょうか。
その会で、一つの部屋の壁に、ある影が映りました。
これは何だろうと、その形を色々と調べてみたところ、その影は、エジプトの神、トト神の姿だったのです。

この二つの理由から、私はいつか絶対エジプトに行きたいと願い、気合十分で訪れたのが、最初です。

2000年になる頃初めて訪れたエジプトで、ギザでクフ王のピラミッドに入ったとき、急激に足が重くなり、前に進まなくなってしまいました。
後ろから友人にお尻を押されながら、どうにかこうにか、やっとのことで進んでいたその時、突然メッセージが降りてきました。

〝クフ王のピラミッドに5回来たら、このピラミッドの意味を教える“

そのメッセージが届いたその強烈なイメージと、チャネリングで見たトト神の影へと思いをはせ続けた20年間の想いがあいまって、初めてのエジプトからくぎ付けになってしまった私は、その後何度も訪れることとなったのですが、約20年かけて7回エジプトを訪れ、ついにクフ王のピラミッドに入るのが5回目となる今回の旅が、スタートしたのです。

この旅の最後に訪れたピラミッドで降りてきたメッセージとは…
今回も、盛りだくさんで数回に分けてお届けしたいと思っていますので、お楽しみに!

もうひとつの縁

今回の旅では、他にも長年感じていたことが繋がった瞬間がありました。

10代の頃からよく見ていた夢があります。
神殿の真ん中に女神が立っていて、川が流れています。
40歳になる頃初めてエジプトに行くまで、その夢は何度となく見続けていましたが、何の川なのか、どこなのか、全くわからないままでした。
その昔、ナイル川が氾濫する度に助けていた女神がいたという話を聞いて、すぐにこの夢に思い至った私は、何度も見るこの光景と同じ場所を発見したのです。

フィラエ島、イシス神殿。
その夢と同じ構図、同じポーズのわたし。
イシスもまた、私が惹かれてやまない女神です。

やはりエジプトやギリシアなど古代文明とはかなりのシンクロを覚え、ルーツを感じます。
きっとこれからも何度も訪れることになるでしょう。
皆様にも、訪れるとなぜか落ち着くような、あるいは気持ちが昂るような、そんな場所があるかもしれません。

ぜひ旅を楽しんでください!