パワースポットナビ トップ > 和歌山 > 熊野 > 歴史と神秘の地。熊野のパワースポット巡り4選

歴史と神秘の地。熊野のパワースポット巡り4選

更新日:2016/5/31

那智の滝ライトアップ

フォーチュン・アドバイザーのステラ薫子です。
私は年に一度は熊野を訪れます。
和歌山県にある熊野は古来より多くの人が参拝に訪れる霊地でした。熊野信仰は神仏混合。神と仏を祀る独特の場所です。
かつては修験道の修行の地であり、浄土宗が盛んになる平安時代の頃には熊野全体が浄土の地として信仰されるようになりました。
蘇りの聖地とも言われる熊野。
神話と歴史を感じられる場所、熊野の見逃せないスポットを紹介致します。

神倉神社

玉置神社御神体

神倉神社は熊野三山に祀られる神、熊野権現が初めて降りたといわれる聖地です。
熊野三山の一山である熊野速玉大社の摂社ではありますが、私が最もパワーを感じる場所が神倉神社です
「古事記」「日本書紀」には神倉山は、神武天皇が東征の際に登った天磐盾(あめのいわたて)の山だとされています。このとき、天照大神の子孫の高倉下命は、神武天皇が熊野の毒気にやられて倒れた時に、神剣を授けたそうです。この剣を得た神武天皇は、天照大神の遣わした八咫烏の道案内で軍を進め、熊野・大和を制圧したとされています。
言わば、神倉神社は熊野三山の発祥の地。
太古の聖地と言っていいでしょう。

ただし参拝するのには体力がいります。
神倉神社には、源頼朝が寄進したとされる538段の石畳を登らなくてはいけません。大小様々で急勾配の石を登るのはかなり大変です。
山上にはゴトビキ岩という巨石があるのですが、そこまできたときは足がガウガクでした。
ここから見下ろす景色は絶景。
そしてこの近くに、弥生時代の銅剣とか銅鐸(ドウタク)などが
出現したという、古代の祭祀場があるのでさらに登ります。
この聖地でしばし祈って清々しい気持ちになった後は、再び石畳を降りることに。
魂にパワーは得られましたが、必死で降りきった後はくたくたでした。
ハイキング装備で行かれることをお勧めします。

熊野那智大社

nachi1

那智と言えばみなさん思い浮かぶのが那智の滝。
日本三大名滝のひとつ、この滝を見に那智を訪れる方も多いでしょう。この那智の滝を御神体としているのが飛瀧神社。熊野那智大社の別宮になります。祭神は大国主命(オオナムチ)。

熊野那智大社の祭神は、夫須美大神(フスミノオオミカミ)、千手観音ともされます。
那智の大滝の水しぶきを放つさまは、千の手を広げた観音菩薩の広大なご利益を思わせます。
ここは結びの神とも言われ、人生の縁・健康・長寿にご利益があるとされています。
現世利益がとても大きい祭神なので、
恋、金運、夢、などしっかりとお願いをしていただきたいです。
長い階段で登るのは大変ですが、見晴らしもよいですし、頂上には清々しいパワーが満ちています。

境内には赤い建物があります。これは青岸渡寺。

那智の滝と寺
天台宗の寺で、西国三十三所第一番札所です。本尊は如意輪観世音。この本堂は豊臣秀吉が再建したことでも有名です。この鮮やかな朱の寺と那智の滝のコントラストはとても美しく、毎回私はカメラのシャッターをきります。

カメラと言えば、那智の滝を撮るとよく不思議なものが映ります。竜神のようなものであったり、虹がふっと出てきたこともありました。じっと滝を見ながら、懐かしい誰かを思い出してみるのもよいかもしれません。
那智の滝の上流にも滝があるので行こうとしたのですが、こちらは山道が険しい上、聖地ですので勝手に入れないそうです。興味のある方は【那智勝浦町観光協会 熊野・那智ガイドの会】まで問い合わせてください。

熊野本宮大社

熊野本宮鳥居

熊野本宮大社の御主神は、家津美御子大神(ケツミミコノオオカミ)。スサノオノミコトのことだともされています。勝利と商売の神様です。

現在の社地は山の上にありますが、1889年(明治22年)の大洪水で流されるまで社地は熊野川の中州にありました。
明治以後、山林の伐採が急激に行われたことにより大規模な洪水が引き起こされ旧社地の社殿の多くが流出したために、水害を免れた4社を現在の熊野本宮大社がある場所に遷座しました。
現在、旧社地の中州は「大斎原」(おおゆのはら)と呼ばれ、日本一高い大鳥居を誇っているのです。
そして、私はここ、大斎原(おおゆのはら)がとても大好きなのです。
ここに来ると、大いなる力に優しく包み込まれているように感じます。母なる大地に守られている、そんな幸福な気持ちになるのです。
大斎原の鳥居の下に来ると、あまりの大きさのため、気づかずに一礼せずに通り過ぎてしまう人もいます。
さすが日本一を誇る鳥居だけありますね。私はここにある金色の三本足の八咫烏(やたがらす)の鳥居の紋章が見えてくるととてもわくわくするのです。大斎原の鳥居をくぐり、下界から霊的な神聖なる神域に入ります。
長い杉並木、鬱蒼とした森林の中にあるこの神社に歩を進めると、大いなる力に守られた特別な場所へ向かっていることがひしひしと伝わってきます。
すべてが解き放たれていくような気がします。

参道の途中には、二基の石祠が。
洪水の流出してしまった中四社・下四社をまつっているそうです。

そのまま歩いて熊野本宮へ。
以前、ここで玉串宝殿をお願いしたことがあるのですが、祝詞に合わせて太鼓がなり、仏教も感じさせる雰囲気。神仏混合ならではの趣です。
ここではやはり、自分の目標や夢の達成を強く願っていただきたいです。
仕事や商売をしている人にも足を運んでいただきたい場所です。

 

玉置神社

玉置神社鳥居

熊野の奥の宮と言われる玉置山にある玉置神社。
天然記念物となっている杉の巨樹群の迫力はなかなかのものです。
玉置神社の御祭神は国常立尊(くにとこたちのみこと)伊弉諾尊(いざなぎのみこと)伊弉冊尊(いざなみのみこと)天照大御神(あまてらすおおみかみ)神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)。
中でも国常立尊は、日本神話で世界が誕生したときに最初に現れた神様とされています。
勝利を授ける神様で、あの平清盛が何度も訪れたそうです。

奥にある玉置山からも強く凛とした気が吹き付ける素晴らしい聖地です。

私はここに何度も訪れているのですが思い出深いのが台風上陸寸前に訪れたとき。
そのときは友人たちと一緒で、雨風に濡れながら参拝しました。
鳥居をくぐって一時間ほど歩くと道が二つにわかれます。
ひとつは体力に自信のない方のための道、もう一つは参道です。
荒天でしたがもちろん参道を選んだご利益でしょうか。
30分以上歩き続け、本殿に到着すると、ちょうど宮司様がいらっしゃる。
向こうはこんな天気の日に、と驚いていましたが、お願いをして御祈祷していただけました。その後は新幹線が止まるというニュースに焦りながら岐路へ。
なんとか新幹線に間に合い、しかも全員が座れたのはやはり玉置神社のおかげだったのでしょうか。
そう信じています。

おわりに
熊野は見るところも色々ありますが、とにかく広大です。そのため、今回紹介した神社、かなり離れています。観光バスかレンタカーでないとすべてを回るのは難しいでしょう。できたら連泊の旅行をお勧めします。
また、私は本来は神社詣では正装で行くのですが、熊野巡りのときは歩きやすいしっかりとした靴で行きます。ヒールの靴は避けたほうがいいと思います。

<アクセス>
〇神倉神社
和歌山県新宮市神倉1-13-8
JR紀勢本線「新宮駅」下車。駅から徒歩約17分(タクシーなら5分)。

熊野速玉神社(神倉神社)HP http://kumanohayatama.jp/

〇熊野那智大社
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
紀勢本線「紀伊勝浦駅」下車、熊野交通バスで約30分

熊野那智大社HP  http://www.kumanonachitaisha.or.jp/

〇熊野本宮大社
和歌山県田辺市本宮町本宮
JR「紀伊田辺駅」下車、明光バス、龍神バスで約120分
熊野本宮大社HP:http://www.hongu.jp/

〇玉置神社
奈良県吉野郡十津川村玉置川1番地
高速バス、レンタカー利用になります。
玉置神社HP::http://tamakijinja.or.jp/index.html