パワースポットナビ トップ > ギリシア > ギリシア⑥ オリンピアー2(2017年8月)

ギリシア⑥ オリンピアー2(2017年8月)

更新日:2017/11/23

オリンピック発祥の地、オリンピア

私がオリンピアで印象深かった場所のもう一つはここ、ヘラ神殿。

ゼウスの妃ヘラを祀った神殿で、一番古い神殿でもあります。
オリンピックの聖火が、今もここから採火される場所。
ほんの小さな、一見なんてことない場所ですが、何千年と続く儀式の重みを感じさせる、その土地のエネルギーを得られる場所でもあります。
そこにじっと立っていると、私が想像力旺盛なのか、そこにどのように神殿があったのかな?などと想いを巡らせるうちに、ぶわっと、一気にイメージが押し寄せてきたのです。
遺跡に行くと、いつもそのような感じなのですが、さらに私は、その時、遺跡のオーラを感じ取ります。
そこは、薄紫と、黄色とオレンジでした。薄紫が下に漂っていて、そこからだんだん黄色になって、オレンジが強くなっていく感じです。
聖火の場所は、どこなのだろうかと思いながらじっと周囲を見渡していると、ある一点が、赤い炎と、黄色と紫で、花のようになっている場所があったのです。

不思議に思って、近づくと、線で囲まれている場所に行きあたりました。ちょうど2畳半ほどの小さなその場所が、聖火を採火する場所だったのです。

脈々と続く人々の想いは、確実にその場所に宿っているのでしょう。エネルギーが強く感じられる場所です。ぜひ一度訪れて、あなたも感じてみてください。

情報をイメージに・・・そして実感

ガイドブックなどで予習して、写真を見て、イメージを膨らませる。
例えば、オリンピアを訪れるなら、古代オリンピックの歴史や逸話などをちょっと調べてみる。
そういった事前準備と、現地に行って肌で感じるものを大切に、写真や文字情報から得た感覚を、その場所で立体的にイメージしてみる。
その想像力が、旅を何倍にも素晴らしいものにしてくれると、パワースポットを巡る旅では特に感じます。
そして、説明を聞いて5分でその場所を去るような簡単なツアーでは、その体験は得られません。
ぜひ、じっくりと瞑想し、自分の中から湧き出てくる力を感じてください。

オリンピアから、TOKYOへ!

最後は、スタジアム。
入口の通路だったアーケードがきれいに残っています。
ここが、マラソンのスタート地点です。
実際に走っている人も多数いますが、私達はカッコだけ!

博物館で本物に触れる

そしてここオリンピア遺跡を訪れたら、ぜひ近くにある博物館も訪れたいところです。

「オリンピア考古学博物館」は、見応えのある、遺跡発掘の際に出土した数々の彫などが飾られています。

 

中でも見応えのあるこの、『東と西の破風』。
ぜひ皆さんも、実際に見てみてください。

また、面白いのが、もう一つ近くにある、「古代オリンピック競技博物館」

こちらは、古代オリンピックの様子が再現されているなど、色々と興味深く拝見することができました。

もうすく再び東京にオリンピックがやってきます。

スポーツで世界が繋がる素晴らしい祭典ですね。
開催が楽しみです!