パワースポットナビ トップ > ヨルダン > ペトラ遺跡 > ペトラ遺跡~新・世界七不思議(2017年11月)

ペトラ遺跡~新・世界七不思議(2017年11月)

更新日:2018/3/31

ペトラの歴史

ペトラは、交易の中心として栄えていた、ナバタイ族の街。
そして、二世紀にはローマ帝国に支配されてしまうものの、363年に大地震に襲われ、壊滅的な打撃を受けてしまい、次第に人が住まなくなるにつれて、いつしか忘れられた街となっていきました。
1812年に、スイス人探検家により発見されるまで。

街には、ナバタイ人にとっての神々が記されている遺跡が色々とみられます。彼らは神の姿を具体的に表すのではなく、二つの目だけを彫り込んだりしています。

こちらは、ナバタイ人の主神『ドゥシャラー』と、女神『ウッザー』のステラ(石柱・石板)で、シーク(後述)にあるものです。
ナバタイ人は、神が石やステラに宿るように、人間の魂も死後ステラに宿ると考えていたようです。日本の墓石などにも通じるものがあるのでしょうか。
岩窟墓をはじめとして、たくさんの遺跡が、本当に奇跡のように残っているので、ぜひその目で色々と確かめてみて下さい。

タイムスリップ?!

皆さんご存知、映画『インディジョーンズ』に出てきた場所でもある、ペトラ遺跡。
もちろん世界遺産でもあり、新・世界七不思議のひとつにも数えられる、時がとまったような見事な遺跡が見られる場所です。
この遺跡を回ろうと思うと、三日は必要だと思います。
次に行くときには、すべて見てやろう!と思うのですが、いまだ叶わず。
いつか叶えたい、野望です。

遺跡である街全体が、かつて人々が暮らしていたところでもあり、お墓となっている場所ですが、その中にあるのが、まさしくインディジョーンズの舞台となった、エル・ハズネ。ナバタイ帝国最盛期の王、アレタス4世により建設された、壮大なお墓なのです。
そして、エル・ハズネへと続く峡谷・シークのところで、私が訪れた時のガイドさんは、こう言いました。

~みなさん、後ろ向きに七歩歩いてください。
目を瞑って、11数えたら目を開けます。
その時にあなたの願いが叶います。一つだけ唱えましょう~

そして振り向いて目を開けた瞬間。
目の前に広がるのは、圧倒的なスケールのエル・ハズネ!

その姿がいきなり目の前に広がるその時、ものすごいエネルギーを感じます。
私でなくても、文明が生きていた時代を感じることが出来るのではないでしょうか。
まさに、その時にタイムスリップしたかのような、壮大な景色が広がっています。
ちなみに、エル・ハズネに直接陽が当たるのは、9:00~11:00頃です。
その時間帯に行くと、さらに荘厳な雰囲気を感じることが出来るでしょう。参考にしてください。

ここでしか味わえない感動

ローマの遺跡や、ヨーロッパの教会といったものとは全く違う、自然の岩に彫刻を施して作り上げたその遺跡は、みごとというほかありません。
どうしてこのような壮大なものを作り上げることが出来たのかと、胸が高鳴ります。
これは、ここペトラでしか感じることが出来ない、エネルギーと力。

ヨルダンに行くなら、絶対に訪れたほうが良い、そう思う場所です。
叶うなら、ペトラで宿泊して、ゆっくりと観てください。
ナイトツアーも開催されています。
夜のペトラ…私は少し苦手だったのですが、あなたはいかがでしょうか。
ぜひその目で、耳で、心で、この唯一無二のパワースポットを感じてください!