パワースポットナビ トップ > ポルトガル > スペイン・ポルトガル~巡礼の旅7(2015年12月)

スペイン・ポルトガル~巡礼の旅7(2015年12月)

更新日:2018/2/28

10日間で訪れた巡礼ツアーも、いよいよ大詰め。
最後まで、ポルトガルの歴史や文化が盛りだくさん!
見どころ満載でお届けします!

美しい世界遺産

アカデミックな雰囲気に気が引き締まったコインブラの後は、世界遺産『バターリャ大修道院』へ。
1385年に、時の王ジョアン1世が、バターリャ近郊のアンジュバロータの戦いで、カスティーリャ王国軍を破り、ポルトガルの独立を守ったことを祝い、別名“勝利の聖母修道院”として建設したものです。
ここの見どころは、美しいステンドグラスと、こちら、マヌエル様式の装飾です。

まるでレース編みのような美しい透かし彫りから陽がこぼれる様は、うっとりする美しさ。
この装飾は王の回廊にみられ、15世紀ポルトガルの最盛期の王マヌエルが各地から呼び寄せた有能な建築家に作らせた、当時の最新様式です。
様々な建築家が各々アピールしたのか、それぞれ違っています。

芸術家に自由に作らせたのか、色々なシンボルが至る所に見られ、何か面白い模様はないかと探して歩いたことを思い出します。
突然亀やイルカが出てきて、どうしてこんなところに?!と思うようなシンボルも。
統一されていない、バラエティに富んだ芸術の競演のような装飾が、見ていて飽きない修道院です。

ユーラシア大陸最西端

続いて、ポルトガルの国民的詩人、ルイス・ド・カモンエヌの「ここで陸果て、海始まる」というロマンに満ちた言葉が残されている、『ロカ岬』へ。
到着したときは、少々雨がぱらつくあいにくのお天気。
しかし、あっという間に晴れ間が出てきて、崖の下に広がる太平洋や、かなたのアメリカ大陸をのぞむ雄大な景色が目の前に広がり、圧倒されました。

時間にして、数分の出来事です。
モニュメントと記念撮影しているうちにまた暗くなり、私たちが降りる頃には真っ暗になってしまいました。

このような神秘的な体験をするといつも感じるのは、聖地というのは、私たちがいかに真摯にその歴史や先人たちへの想いを理解しようと勉強し、その場所で何かを感じ取りたいと想っているか、その気持ちを受け止めてくれているのだということです。
ここもまさしく、そのような霊的な力を感じさせてくれた場所でした。

不思議の国のようなお城

続いて、山の上に立つお城、『ペナ宮殿』へ。
こちらは、1838年にドイツから建築家を集めて造られた、19世紀ロマン主義を象徴する建物なのですが、これまた建築家が自由に作り過ぎたのか、おもちゃ箱をひっくり返したような、バラエティに富んだ建物や部屋が満載で、目まぐるしく変わる雰囲気に、見るのも忙しいところです。

絵本に出てきそうなお城の中に広がる、国も文化もテーマも様々なインテリア!


最後まで見る頃には、へとへとになってしまうくらいです!
次はどんな部屋なのか?というその想像を上回る斬新さ。
ぜひその目でご覧いただきたい、面白い宮殿でした。

大航海時代の象徴

そしていよいよ、この旅の最終地点、『発見のモニュメント』。
テージョ川に面して建つこの記念碑は、エンリケ航海王子の500回忌を記念して、1960年に作られました。
彼は実際航海に出ることはなかったようですが、パトロンとして航海者を支援し、大航海時代の幕開けを担ったのです。

エンリケ航海王子を先頭にして、モニュメントの両側に王や聖職者、航海士など、偉人達が並んでいます。


こちらが東側の列。
エンリケ航海王子の次がアフォンソ5世、その次がヴァスコ・ダ・ガマ、最後から2番目には日本でもおなじみ、フランシスコ・ザビエルの姿もあります。

モニュメントは、それ自体も船の形をしていますが、後ろから見ると、帆柱が十字架の形をしています。

歴史を彩るさまざまな人の想いが感じられる、素晴らしい場所でした。
見学に入場料は必要ありませんから、周囲から眺めて記念撮影するだけでも十分ですが、有料でエレベーターに乗ると、展望台があるようです。ベレンの街並みが一望出来るので、ぜひまたゆっくりと訪れてみたいものです。
皆さんも、時間に余裕があればぜひ!
さて、7回にわたってお送りしてきた、サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼の旅、いかがでしたか?
歴史や文化を現地で目の当たりにすると、そのパワーに圧倒されたり癒されたり、時に自分を顧みるきっかけとなることもあります。
特に今回の旅路は、今もなお、自分と向き合う旅をする人たちがいるその巡礼路にふれて、脈々と続く人々の想いを実感することが出来ました。
文化の違いはあれど、一生懸命に生きる人々の魂の部分で、繋がるところがあるように思います。
私は私の天命で、そういった人々の助けになるようなことをしていきたい、そう気持ちを新たにした旅でした。

次回は、おまけの情報編!
この旅で訪れた、素敵な宿や食事、おみやげ情報などをお届けします。
お楽しみに!