パワースポットナビ トップ > アメリカ > ハワイ > HAWAII~ハワイ島4マウナラニ(2018年8月)

HAWAII~ハワイ島4マウナラニ(2018年8月)

更新日:2018/10/2

王族も愛した極上のパワースポット

ハワイ島といえば、火山の島。
その荒々しい溶岩大地の中に、オアシスのように存在するのが、マウナ ラニ。
ワイコロア地区から少し北上したところにあります。

かつて、ハワイ王族たちが保養地として英気を養っていた場所でもあるこの地は、
アメリカのセドナ、フランスのルルドと並ぶ、世界三大パワースポットの一つともいわれるほど、マナ(ハワイ語で、生命力)の強い場所です。

マウナラニリゾートへの道、マウナ・ラニ・ドライブを入って行って、環状交差点を直進方向に進み、次の交差点を左折し、Pauoa Rdへと入ります。
すぐに、右折で公園へと入るところがあるので、曲がると駐車場があります。そこに停めて、散策してみましょう。

Historic Parkには、古代ハワイアンが残したペトログリフ(岩石彫刻)や、最近SNS映えスポットして人気の、オーラが映るとされる洞窟(シェルター)などもあるので、トレッキングを楽しんでみましょう。

ただ、このオーラの映る洞窟は、光の入り具合が重要なので、日中一番陽が高い時間帯が、おススメです。

どうですか?
同行者の写真を撮ってみましたが、ほんのりオーラの色が見えるようです。

そして、公園を抜けたところにあるのが、最もパワーが強いとされるスポット、フィッシュポンドです。
こちらは、王族に献上するための魚を養殖していた場所で、緑に囲まれた池がいくつも点在する、広大な敷地です。
一周散歩するうちに、景色が色々と変わります。
マイナスイオンたっぷりな、癒しの木立から、

次第にビーチサイドになり、サンセットがムード満点!

素晴らしく澄んだ水に、魚がたくさんいるエリアもあり、一周歩くだけでも、かなりのヒーリング効果を実感できるでしょう。

キングストレイル

ワイコロア地区にお泊りなら、ぜひ訪れて頂きたいのが、キングストレイル。
ワイコロアビレッジのど真ん中、キングスショップスというショッピングエリアの脇からスタートする、トレッキングコースにもなるパワースポットです。

このようなごつごつした溶岩大地ですから、前述のマウナラニ同様、歩きやすいスニーカーなどで出かけましょう。ヒールのある靴はもちろん、足がむき出しのビーチサンダルなども避けた方が良いでしょう。
全長はこのような感じで、ぐるりと回ってくることが出来ます。

こちらの見どころは、マウナラニのヒストリックパークにもありましたが、古代ハワイアンが残した、岩に刻まれた絵や模様、ペトログリフです。
奥に進めば進むほど、様々なものが見られます。

人型のものが多いですが、馬にまたがったカウボーイ姿などもありますし、よくわからない模様が散りばめられたものなど、一つ一つ見ていると時間があっという間に経ってしまいます!

ただし、ヒストリックパーク同様、全く影の無い炎天下。
水分を忘れずに持って、こまめに補給するようにしてくださいね。

コナコーストのラバチューブ

そして、こちらはパワースポットとまではいきませんが、最近マウナラニと似たような写真が撮れるということで、テレビなどで時々紹介されているスポットがあります。
コナ国際空港近くの、19号沿いに、人々が車を路駐して、脇の溶岩大地をうろうろしている場所が突如現れます。

そこが、一見すると、マウナケアをのぞむ雄大な大地が開けた、良いフォトスポットのようですが、さらに少し散策すると、脇に一段下がって入ることが出来る、溶岩洞窟があります。
これが、ラバチューブ。
道路から綺麗にラバチューブの入口が見えているので、路駐の列を目印に、訪れてみるのも良いでしょう。
次回は、ビーチやお土産などの情報をお届けします!
お楽しみに。