パワースポットナビ トップ > アメリカ > ハワイ > オアフ島 > HAWAII~オアフ島1ホテル編(2018年5月)

HAWAII~オアフ島1ホテル編(2018年5月)

更新日:2018/8/3

私にとってのハワイ

20代では、毎年のように訪れていました。
40代50代になってぱったりと止まり、韓国ばかり行くようになりました。
しかしここ5~6年ほどはまた、ハワイの魅力を再発見して、訪れる頻度が上がってきています。
やはりリラックスするならハワイ、そんな感じです。

ハワイは、スピリチュアルな体験を求めたり、パワーを得たり、叶えたいことを願いに来たり、そういうところというよりは、大地の恵みと癒しのパワーを感じ、お買い物したい人はショッピングでストレス発散、南国の風に吹かれるもよし、美味しいものを食べるのもよし、ただただリラックスして、心と体をリセットするのにふさわしい場所です。
究極の癒しの島。

今回は、ハワイ前編として、オアフ島のおススメスポットをお届けします。
後編では、ハワイ島情報をお届けする予定ですので、お楽しみに!

ホテル

いつもの定宿というところを決めているわけではありませんが、ワイキキでは、やはりオーシャンビューが良いでしょう。
以前、韓国慶州の時もお話したように、水辺のヒーリングパワーが私には波長が合うので、リラックスにおススメです。
今回5月に訪れた時には、シェラトンに宿泊しました。
最初はツインの部屋しか取れなかったのですが、最初の二日間は仕事を兼ねていたこともあり、行ってみてグレードアップして頂けて、オーシャンビューのオハナスイートに宿泊することが出来ました!

ベランダに出ると、ワイキキのビーチの先にはダイヤモンドヘッドが見渡せて、目の前は海。
最高のロケーションで癒されてくることが出来ました。
インフィニティプールも解放感抜群で、大人時間をゆっくりと堪能いたしました。

今回の宿泊はラッキーなアップグレードでしたが、そうでなくても、私が友人などと行く場合には、コンドミニアムに泊まることが多いです。
ベッドルームとリビングが分かれていたり、キッチンがついていたりして、部屋食も気軽に出来るので、家族の人数が5人以上の場合や小さなお子様連れは特に、そういう滞在の仕方がおススメです。

ヒルトンハワイアンビレッジは、ワイキキの中心地からは少し離れますが、アラモアナには逆に近くなります。
ラグーンやスライダーのあるプールなどが充実し、

ビレッジ内に食事もショッピングもお店がそろっているので、子連れにはとてもおススメです。

ビレッジ内にはホテルだけではなくタイムシェアのコンドミニアムもあり、空き次第では一般で予約も出来るようなので、大勢での滞在もゆったりしたものになるでしょう。
日本語の通じるドクターのいる病院もあります。小さい子連れには、安心ですね。
ちなみにヒルトンの診療所は、平日の夕方4時まで(時間帯など変更のある場合もあるので、ご確認ください)ですが、前述のシェラトンには、土日も含めて夜11時まで診てくれるドクターオンコールがあります。
こういった病院情報も、知っておくと便利です。

観光地を飛び歩き、移動の度にホテルも移動するようなヨーロッパなどの旅とは違って、ハワイは期間中ずっと同じところに滞在する人がほとんどでしょう。
また、お買い物もそれなりにすると、帰りの荷物のパッキングも大変です。
ある程度広いスペースがあると、スーツケースを広げておくのも楽ですね。
お部屋が広くゆったりしているということ、そして朝起きた時や歩き疲れて休憩に戻った時など、海の景色に癒されるオーシャンビューは、ハワイの魅力を最大限に感じるためには重要なポイントですね。

あるいは、ほんとに買い物に観光に飛び回って部屋にあまり戻らない人は、オーシャンビューではなくマウンテンビューにしてみると、ハワイの夜景が楽しめるかもしれませんね。
緑を満喫するのも良いでしょう。

私は特に、霊的な感覚も鋭いところがあるので、どうしてもホテルは選んでしまいます。
しかし、それを抜きにしても、オーシャンビューに癒されたいか、ダイヤモンドヘッドなど緑を感じたいか、サンセットが見える部屋か、広さを重視するか、遠くからでも海が見えた方がいいか、また、親子なのか女子旅なのか、カップルか、三世代か…などなど、滞在の満足度をアップするために、それぞれの目的やメンバーに合わせて、ホテルを選ぶのがハワイの楽しみ方の一つです。