パワースポットナビ トップ > 三重 > 伊勢 > 熊野2019~八咫烏神事~

熊野2019~八咫烏神事~

更新日:2019/2/3

皆さん、今年も節分がやってまいりましたが、節分とは、「季節を分ける」という意味もあります。
季節の変わり目には、邪気が生じると考えられており、それを追い払うための神事が、豆まきです。
旧暦では、立春の頃を新年とし、最も重要視されていたので、節分は、一般的に立春の前日とされていました。
立春が新年とすれば、節分は大みそかですね。

皆さんも、近くの神社を訪れて、豆まきの神事に参加してみてはいかがでしょうか。

さて、神事といえば、皆さんは初詣など、お出かけになりましたか?
私は今年も、1月だけでたくさん神社を訪れていますが、今年もやはり熊野は欠かせません。
今回は、前日にお伊勢参りも組み込み、八咫烏神事に出かけてきました!

今年の熊野本宮のテーマは、「刻」

これは、九鬼宮司様が、熊野の舞を舞っていた時に、突然おりてきたそうです。
時刻の刻、刻む、という文字は、夢と縁を刻む、という大きなテーマを持ち、
そして2019年は亥の年。
この字しかない、と思われたそうです。
2019年をスタートする、前向きなパワーあふれる、素敵なテーマですね。

お伊勢参り

2019年年山羊座の新月、日食、一粒万倍日でお伊勢参りできたことは、今年最高のスタートになりました!
スタッフ含め、お参りツアーは大人数のため、バス貸し切り!
私はさながら、ツアーガイド!

まずは外宮からスタートした翌日、内宮で正式参拝に御神楽あげました。
もちろん、新年の願い事をしっかり書いたものを持ちながら、参拝しました。

そして今回のホテルは神宮会館!
リーズナブルでお部屋も良いし、食事はおかげ横丁でつまみ食いしながら行けばバッチリ!
内宮まで5分というのは最高の立地なので、おススメです。
吉日のお伊勢参りを済ませて、御一行は熊野へと向かいます。

 

八咫烏神事

さて、いよいよ熊野は、今年も1月7日、17時からの八咫烏神事への参加が目的です。
ここ熊野での神事の中で、一番長い神事、熊野牛宝印。
火と水で清め、祭神の魂が吹き込まれる神事で、1人1人、神職の方から、エイ!と半紙にそれぞれの牛宝印を頂きました!

人が押し寄せ、ガンガン前に行かないと、どんどん順番が遅くなってしまいます。
無事に宝印をもらい、新年の願い事に力をいただけました。

その後は、川湯温泉で浄化!

気持ち良すぎて、すっかり疲れも吹き飛びました。
熊野も、台風の爪痕が大きく残っていましたが、やっと川湯も入れることになりました。

 

大斎原・那智大社

翌日、まずは朝から正式参拝。
事前に書いておいた願い事を手に、一つ一つの作法を、心を込めて行います。
神事をした後は心がスッキリして、新たな力を頂き、やる気満々!
やるしかないという気持ちが湧いてきます。

また、九鬼宮司さまが30分も時間を取って頂き、熊野のあり方、八咫烏がマークになった話などを、韓国からのお客様もいたから、韓国との八咫烏の関係などなど…聞けない話を聞くことが出来て、ありがたかったです。

拝殿での正式参拝は、熊野ならではの、大祓祝詞と太鼓が凄い!
ただただ感動!
ああ、ここまで来たのだな、と、しみじみ感じます。

最後は大斎原まで行き、あの大きな八咫烏マークがある鳥居を潜り、

宇宙のエネルギーを頂き、熊野本宮の参拝全て終了です。

次は那智大社に1.5時間かけてバスにて、出発です。
ラストは那智大社に那智の滝!
こちらは千手観音さまの力と大己貴命さまの力を頂ける場所です。
那智の滝の豪快な水しぶきが、まるで千手観音様が現れたようで、現世での悩みや問題も解決していただき、また自分のたくさんの思いを後押ししてくれる場所です。
ただし今回は、前回訪れた時と違って滝の水がかなり少なく、千手観音様とはいきませんでした。
台風の被害が、ここまで及んでいるそうです。

そしてなんと、那智大社までの階段がなんと、ビル36階まで上がったくらい歩きます!
本当に疲れはてました!
ハアハアいいながら、とにかく登りきり、しっかりお線香立てて、祓いをし、参拝をして、
夕方南紀白浜から羽田に戻りました。
今回も、2泊3日素晴らしい伊勢熊野のお参りができた事、感謝いたします。

熊野は、よみがえり、再生、の場所。
そして、時に厳しく、決断にパワーと後押しをしてもらえる場所です。

那智大社は、一転して、おおらかにすべてを包んでくれる場所。
ここに来ると、小さなことは気にならなくなり、気持ちが整理され、本当に自分がなすべきことが見えてきます。

皆さまにも、良いエネルギーが届きますように…